性欲と性行為について【更年期中のコミュニケーションの取り方】

Top >  更年期中のコミュニケーションの取り方 >  性欲と性行為について

性欲と性行為について

一昔前、性欲というのは中年以降になると衰えてきて、回数も徐々に減っていくような考え方をしていました。


しかし性欲に関しては、昔と現在とではだいぶ違ってきているような感じがします。
中年になるほど、性欲が増す人もいるようです。


それは私たちのライフスタイルが、だいぶ昔とは変わってきているからであって、昔あった常識がもう当てはまらなくなってきています。
ですから、私たちが考えている気持ちに従って、相手とのコミュニケーションツールとしていけばいいのではないかと思います。


まず女性の性欲について、考えてみましょう。


女性が閉経をすると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。
そうなると、膣内が乾燥してしまうために、性行為をすると痛くなって苦痛に感じてしまい、次第に性欲が減退していくというケースが多いようです。


しかし、閉経となると毎月あった生理や妊娠といった心配が無くなると思います。
そのことにより、逆に性欲が増進してしまう人もいるようなのです。


ここで更年期のときの性行為ですが、更年期とは閉経前後の時期であることから、やはり女性ホルモンのエストロゲンが分泌しなくなってきて膣内が乾いてきてしまいます。
また、膣の粘膜が萎縮してしまうことから、さらに痛みを伴う場合が多いようです。


そのまま我慢していると、いつしか行為そのものが苦痛になってしまうでしょう。
我慢していれば、パートナーとも関係が悪くなってしまう可能性がありますので、きちんと自分の状態を伝えて理解を求める方がいいと思います。


また性行だけではなく、スキンシップだけでも充分に愛情は伝わると思いますので、あまり深く考えすぎないでおくことも必要です。

この記事のカテゴリーは「更年期中のコミュニケーションの取り方」です。

年齢的に親の介護と重時期でもあります。介護の負担や悩みを一人で抱えず、介護ヘルパーや友人に相談しましょう。また、性欲が減退して夫婦生活にも影響が出る場合があります。自分の状態を伝えて理解してもらいましょう。

関連記事

性生活と性欲の減退

今回は、更年期に突入してからの、性生活のあり方について話してみたいと思います。 「更年期で性生活?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、今や更年期を迎える世代の人でも、性生活を送っている方は沢山いら...

会話は脳の活性化を助けます

今まさに更年期を迎えている方は、この辛い時期をうまく過ごしていくために、生活を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか。 下記に、更年期をうまく過ごすための方法として有効的だと思われるものを、いくつかご紹...

性欲と性行為について

一昔前、性欲というのは中年以降になると衰えてきて、回数も徐々に減っていくような考え方をしていました。 しかし性欲に関しては、昔と現在とではだいぶ違ってきているような感じがします。 中年になるほど、性欲...

親の介護で悩む時期

更年期に突入すると、精神的にもさまざまな影響が出てくるようになります。 精神的に最も影響が出るのが、周囲との人間関係に関してだそうです。 ここでは、更年期のときの人間関係について説明していきますので、...

「更年期症状」と「更年期障害」の相違点

更年期に突入しまった場合、さまざまな症状が出たりして、体調不良を感じる方が多いと思われます。 しかし、それなりに対処をしているので、通常通りに生活をしている方も多いようです。 更年期の症状には個人差が...